新着記事

マンコの不当廉売による国外競争力の低下問題

昨今、マンコ市場ではグローバル化が進んでいる。

日本でもアジア諸国等から多くのマンコが輸入されている。

 

しかし、いまインターネット上で以下のような問題提起がなされている。

「日本製の輸出マンコが、不当な値段で消費されているのではないか。」

 

そう、グローバル市場でマンコの不当廉売が行われているのだ。

 

しかし、なぜマンコの不当廉売がいけないことなのか

 

市場の健全な競争を妨げ、日本製マンコの国内外市場における競争力が著しく低下させる要因になりうる為である。

 

f:id:zsdc3vgb:20180829200244p:plain

 

いま、国内市場はパパ活で盛り上がり、パパ活バブルとも言われている。

しかし、この問題が大きく取り沙汰されれば、市場は大きく冷え込む可能性が高いとアナルリスト達は批判している。

 

安倍晋三は、この問題を早急に解決し日本製マンコが国外競争力を取り戻すことを強く願うばかりだ。